女性の髪の悩みは傷みだけじゃない

紫外線でやられた髪の味方

私は中学、高校と陸上部をしていたのですが頭皮や髪の毛のことをなにも考えていなかったため帽子もかぶらず紫外線ばりばりの所で練習や試合をしていたので髪の毛の傷みや頭皮への刺激がすごかったんです。

若かったしなにも考えずとくにケアもしていなかったためばしばしでした。

女子校あがりであまり見た目に気を使っていなかったのですが、大学に入ってから可愛い子と自分とのギャップをすごく感じて、外見を磨こうと一念発起したときに、外見において一番重要なのは実は綺麗な髪の毛なのでは?とヘアに着眼したのがきっかけです。

大学生人になったとき髪の毛がさらさらな先輩などいて自分自身少し気になるようになり、どうしたものかと悩んだときシャンプー、リンスのあと軽くタオルドライをしてトリートメントと美容液を混ぜたものを髪の毛の痛んでるところを中心に保湿するようにしたら傷みが少しづつよくなってきたように感じます。

頭皮自体は正直どうするべきなのかはわかりませんが毛根を生かすためにリンスを洗い流しながら頭皮マッサージをちゃんと行うようにしています。

傷んだせいで枝毛などもあるのですが枝毛の部分は枝毛から3センチぐらいのところから切って増えないようになればとおもいながらしています。

やっぱり!ツヤのある髪の毛は気合のヘアケアで作れます!

わたしがヘアケアに目覚めたのは上記でも述べたように大学に入ってからです。

最近とりあえず、綺麗な髪の毛だとそれなりに見えることに気づいたわたし。

そのために、切れ毛や枝毛を放置していた髪の毛を美容院にいって整えたあとに、毎日お風呂でトリートメントを欠かさずするようにしました。

使っていたのは安いトリートメントでしたが、その後やり方を少し変えてたっぷり髪の毛に塗ったあとにラップで巻いて、そのままお風呂で半身浴をしてじっくり髪の毛にトリートメントを浸透させました。

そして、ドライヤーはちょっと奮発してマイナスイオンの出るドライヤーを買い、毎日きちんと乾かすように心がけました。

このふたつを徹底して行っただけで、ぼさぼさだった髪の毛がつるんと光沢のある手触りのよい髪の毛に変わったのです。

ヘアケアは手をかければかけるだけ結果が出るものだとこのとき感じました。
そして余談ですが、綺麗な髪の毛になってから明らかに男子にモテるようになりました。

今となっては昔からちゃんとしておけばとゆう気持ちはでかいですが今からでも遅くないと思い日々がんばっていたのです。

女性ですが薄毛に悩んでいます

あの頃からうん十年経ちました・・・。
当時傷んだ髪に悩んでいた若い頃の私は、はどちらかというと剛毛で髪の毛の量は多いほうでした。

もともと、くせ毛なこともあり定期的に縮毛矯正パーマをかけていたのですが、かけるたび髪や頭皮へのダメージも気になっていました。

頭皮も乾燥しがちで、季節によっては「フケ」が出たり、痒みなどもありました。

しかし、「そのうちに治るだろう」と特にケアをすることなく過ごしてしたら、加齢と共に薄毛を感じるようになってしまったのです。

特に、ひどいのは頭頂部です。

髪の分けももくっきりとして全体的にトップがペタンとしています。

抜け毛も増えてきて、いつも使っているシャンプーを育毛シャンプーに変えたり、自分の手で頭皮マッサージを日に何回かするようにしています。

それでも、症状はなかなか改善されません。

髪の毛の生えるサイクルは長くかかるので、すぐには効果は得られないことは知っていますが、もう少し続けても改善されなかったら、育毛剤の利用も検討しなければならないと感じています。

産後のくせ毛のヘアケア法は?

つい最近、私は一児の母になりました。子供を産む前からかなり強いくせ毛に悩まされており、定期的に縮毛矯正をかけていました。

縮毛矯正はどうしてもパサつくので、普段のケアとしてはトリートメント後のヘアパックや、洗い流さないタイプのオイルトリートメントなどを使っていました。

そういったケアで概ね髪は良い状態をキープしていました。

妊娠してお産を迎え、子供を産んでからは、産前のように定期的に美容室に通うこともできません。

それどころか、毎日子供が小さいうちはつきっきりなので、しっかり髪の毛を洗うことすらままならない日々です。

子供を産んですぐ、私は肩より長かった髪の毛をショートにしました。

切った瞬間は久々の爽快感で満足でしたが、少し時間が経ってみると、今までただでさえうねうねしていた髪の毛が、出産を機に更にひどくなっていることに気づきました。

もう髪を短くしているので、縮毛矯正をかけることも難しい状態。毎朝踊りくるう寝癖。

ドライヤーもスタイリング剤も何の役にも立ちません…どうしていったらいいものか…くせっ毛さんは産後に注意です!

育毛について考える年頃です

出産後、特に40代を目の前にしてからというもの、髪の毛が細くなりコシもなくなってしまいました。

いつも、シャワー後で髪が濡れるとぺちゃんとしてスカスカで、どんなヘアスタイルも決まりません。

この問題をどうにかしたいとずっと思っていました。

私の場合、子供の頃からとにかくダメージ毛で、ヘアケア製品によっては、フケ、かゆみ、頭皮の湿疹がたまにでるようなこともありました。

だから、たとえ育毛剤といえども、気安く試す気にはなれないところもあります。

特に育毛剤は、洗い流さないものなので、不安も大きいのです。

そこで、ダメージ毛の時に悩んだようにシャンプーとコンディショナーで何かよいものはないかと考えました。

私の第一条件は、ノンシリコンであること。

そして、ボリュームが出て育毛効果のあるものを探しています。
私の場合、どうやらシリコンの成分が頭皮に刺激を与えるようなんです。
そんな訳で、私は今、ネットのコスメの口コミサイトで、片っ端からシャンプーの評判を研究中です。

いくつかサンプルを試してみたりもしました。早く、自分にぴったりの商品に出会いたいものです。

産後に育毛剤をつけるときに気を付けること

産後は抜け毛が多く、困っているママさんも多くいます。

半年から1年で落ち着くことが多いですが、その間育毛剤を使用したいと思っている方は注意が必要です。

できるだけ無添加で香りが弱い商品を使いましょう。赤ちゃんを育てているときは添加物が多い育毛剤は避けましょう。

女性ホルモンに影響を与えるような、強い成分の商品の使用はやめて、天然の植物性オイルを使っているものが理想です。

しかしどんないい製品でも腕などでテストをして、肌に合うかどうか確かめてから使いましょう。

頭皮を清潔に保つことも大切なのでシャンプーはいつも通りしましょう。シャンプーも刺激が少ないアミノ酸系がおすすめです。

シャンプー後は保湿ケアをいつもよりたくさん行います。

トリートメントやリンスも使いましょう。髪を自然乾燥する人もいますがキューティクルがはがれるので、ドライヤーで乾かしてから眠りましょうね。

育児で疲れていると思いますが、リラックスりながら髪のお手入れをしてみましょう。

女性のびまん性脱毛症にAGA治療が有効

女性は男性型の薄毛タイプは少ないといわれていましたが最近では女性でも男性型のいわゆるAGAが増えているのだそうです。

髪の毛全体が薄くなって頭頂部などの地肌が透けてしまうほどに悪化するものもあり女性の大きな悩みになっているようです。

こうしたAGAの治療は男性よりも効果が上がりやすいので早めにAGA治療を行っている育毛外来を訪れるのが得策です。

女性の薄毛治療を専門に行っているクリニックでは育毛剤治療や内服薬、毛髪再生因子の頭皮注入法、スカルプマッサージなど様々な手法を使用した治療が行われるので短期間に最大限の発毛効果を上げることが可能なのです。

女性で薄毛に悩む人は外出することさえままならなくなる場合も多く、いかに精神的なダメージが大きいかということを裏付けています。

女性と髪の毛はそれだけ切っても切れないものなのだということが分かると思います

AGAの治療の間もウイッグをつけながら誰にもわからないように治療を進めていくので、もっと積極的にクリニックを利用することを考慮してもらいたいですね。

女性用育毛剤で抜け毛が減りました

加齢とともに多くなってきた抜け毛に心配になり、始めたのが女性用育毛剤「マイナチュレ育毛剤」です。

以前から、ネット上で口コミや体験談を見るたびに気になっていました。
配合されている成分も天然のものなので、お肌が敏感な私でも安心して使用することができました。

マイナチュレ育毛剤を使用してから、明らかに抜け毛が少なくなっています。
日に数十本も抜けていて、フローリングにある長い毛を見るたびに落ち込んでいたのが嘘のようです。

頭皮の乾燥も改善されて、保湿感がたっぷりです。

抜け毛の原因は頭皮の環境の悪化によるものも原因の一つなので、これが改善されたのは大きいようでした。

また、発毛効果はありませんが育毛効果はあるようで、髪一本一本にコシも出てきています。
コシがなく細く弱弱しい印象だった私の髪が生まれ変わりました。

見た目も艶があり若々しい印象になって満足しています。

育毛剤を使う前は「早すぎるかな」とも思いましたが、やはり早めに対処しておいてよかったです。

育毛のために食生活の見直しを…

最近なんだか朝目が覚めてから枕元を見てみると抜け毛が増えてきたような…!?
シャンプーを使っていてふと排水溝を見てみると、これまた抜け毛がいつもより多いような…!?

そんな機会が増えてきていて、自分なりに対策せねば!と思い最近は薄毛対策に余念がありません。

まず始めてみたのは、食生活の見直しです。

私は結構油っぽいものだったり、ジャンクフード的なものが好きだったんですよね。でもそれは血行にも良くないですし、髪の毛にも良くありません。
急に変えることは難しいので少しずつですが改善しています。
食べる時間帯にも気を付けていますよ。なるべく深夜には食事を取らないようにしています。

深夜に食事を取ることで脂肪が溜まりやすくなってしまったり、寝ているときも内臓が動いてしまって体に悪いんですよね。

そうした不摂生がたたって薄毛に表れることも多いようですね。

まず薄毛対策は自分が健康になることから!そこから始めてみようと思います。

髪に良いと思い始めたら体調を崩しました

40歳を過ぎたあたりから、自分自身でも薄毛を感じるようになりました。
家族からはもっと前から「ママ相当薄くなっているよ」と指摘されていたのですが、自分の薄毛は珍しくも後頭部だったので確認することができなかったのです。

薄毛の改善には育毛剤や育毛サプリメントなどがありますが、お金もかかるし副作用も心配でした。

そこで食事の改善から始めようと思い立ち、「髪の毛や頭皮に良い」という昆布やわかめといった海藻類を毎日たくさん食べるようにしたのです。

すると、髪の毛の状態がよくなり艶やコシが出るようになりました。

「これは効果があるかも」とうれしくなっていたのですが、消化が悪いものを一気にたくさん食べたのがいけなかったのか、下痢をするようになってしまったのです。

はじめは胃薬や漢方などをのみつつ対応していたのですが、とうとう吐き気までもよおすことになり解消類の摂取を諦めざるを終えませんでした。

効果を実感していたのでとても残念です。

次なる薄毛改善の対策を模索中です。

シャンプー時に気をつけていること

数年前から髪の毛に不安を感じて、出来る範囲でヘアケアを始めています。

なるべく早い時期から始めた方がいいという事で、やっていると自分でも安心感があるので続けています。

それほど効果については毎日チェックをしているもののよくわかりません。極端に減ってはいないので、効果があるんだろうなあと勝手に思っています。

シャンプーをしている時に気をつけていることとしては、まずそれまで使っていたシリコン製のブラシの使用をやめました。直接指で頭皮をマッサージするように洗っています。

シャンプーは育毛シャンプーを使用していて、手の平で十分に泡立ててから髪の毛に付けています。量的にはあまりケチらないようにしています。

髪の毛のこともあって、食事も刺激のあるものが好きなのですがほとんど食べなくなりましたし、睡眠もだらだらと起きている時間をなくしてちゃんと確保するように意識しています。

将来、更に髪が薄くなってきたらさらに色々やるつもりでいます。